旅ランと読書ハイキングのきろく

旅ランと読書ハイキングが好きな40代サラリーマンです。家族構成は妻と娘2人と息子1人。心身の健康のため、自然豊かな景色、巨樹、湧き水、温泉を求め見知らぬ土地を走ります。がっつりランナーではありません。普段、運動不足であると感じている人向けです。

ひらめいたアイディアを忘れずに素早く記録する方法はGoogleKeepが最強な件

おはようございます。カモンです。

車の運転中、トイレ、布団の中などでいろんなナイスアイディアが浮かんでくることがあろうかと思います。

しかし、それって書き留めておかないと思い出せずに

「あれ?なんだっけ??」

って悩んだ経験はないでしょうか?

※私は多数あります。💦

書き留めるにしても、それが車の運転中や、トイレ、布団の中など、周りに紙とメモが必ずある訳ではないので、探している間に忘れてしまう...

そんなことが積み重なる度に、

「何とかいい方法がないものだろうか...」

と考え抜いて思いついた対処方法をご紹介します。

 

この記事の対象者
  • ひらめいたアイディアを忘れずに留めておきたい

 

 

使うアプリ

googlekeepとgoogle日本語入力のアイコン


Google日本語入力:音声入力機能の設定をします。

Google Keep:記録します。

 

スマホなら大体自分の手元にあることが多いですし、やり方さえ覚えてしまえば手軽に記録できます。

では、それぞれのアプリの設定と使い方について説明します。

Google日本語入力の設定方法

スマホで「音声入力機能」の設定についてこちらのサイトが非常に詳しく出ています。

qtoil.com

 この設定を終えると、音声入力が可能になります。

音声で入力された文字をGoogle Keepへの記録方法は次になります。

Google Keepへの入力方法

STEP
GoogleKeepのインストール

STEP
ひらめいたらGoogle Keepの起動
アプリは押しやすい位置にしておきましょう。
STEP
マイクボタンを押す



STEP
「お話しください」に変わる
STEP
音声を吹き込む(終了)
発した文字が変換されて入力されています。
「ただいまマイクのテスト中」と発したところ、誤変換なしで入力されました。

 

 GoogleKeepの使い方

GoogleKeepに保存したデータは1件ごとに四角いマスの中に保存されます。

また、データはアプリ内で上の検索窓から検索が可能です。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

紙とペンっていつも持ち合わせていませんが、スマホなら大体は身近にあるものではないかと思います。

音声入力機能を使えば、若干の誤変換はありますが、スピーディーに記録することができます。

蓄積されたデータもGoogleKeepなら検索も可能となります。

GoogleKeepはパソコン・スマホと同期がされているので、どのデバイスからでも入力・編集・検索が可能です。

いいアイディアの蓄積を俯瞰することが出来るアプリなので、今後の仕事にも活かせることができます。

いずれも無料で利用できるので試してみてはいかがでしょうか。

  

最後まで読んでいただきありがとうございました。(*´ω`)

 

はてなユーザーの方はよろしければ読者登録よろしくお願いします♪


ランキングに参加しています。

ポチッと押して頂けると順位が上がるので嬉しくなります。(*´ω`*)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

【無料で使える!】思考を整理するならマインドマップ

このブログはYouTuber両学長さんやヒトデせいやさんも使う

Mindmeisterでアイデアを整理して執筆してます。